漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 大和田さん(7/18)

<<   作成日時 : 2006/07/19 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日紹介するのは、いきなり地味キャラですいません、喜多条監督の前に野球部の監督をしていた「大和田さん」です。

 紹介できるようなものはないんですが・・一応プロフィールです。

名前   大和田(おおわだ。名は不明。)
性別   男
職業   朝霧学園高校の教師
      (ジャージを常時着用していること
      から体育の教師?水泳部の顧問
      をしている。前野球部顧問。) 
特技   大型自動車運転 酒飲み


 自称”朝霧学園高校野球部の親父”です(喜多条監督は兄貴だそうです。)。
 一見いいかげんな親父さんに見えてしまいますが、実は野球部員を心から思いやっています。
 人が良く、面倒見のいい先生で、影ながら野球部のことを気にかけて折に触れ野球部にちょくちょく顔を出してきます。
 後半になってくると、水泳部の顧問という設定はなかったことのようになってきます。
(野球部の部長みたいなポジションに就きますね。)
 
 この「やったろうじゃん!!icon」という漫画的には、この大和田さんは喜多条監督の行うちょっと理解に苦しむ指導方針の解説役としてのポジションになります。
 つまり、何も説明なく指導を行う喜多条監督に対して、指導方針について理解ができないため、大和田さんはそのよくしゃべるキャラで遠慮なく監督に突っ込んで質問する訳です。それに対して喜多条監督が説明するという手法をもってして読者にその指導の真意を伝えるということをこの漫画では行っています。
 大和田さんは、喜多条監督といういわば”ホームズ”に対する”ワトソン”という説明役である訳なんですねぇ。ここに大和田さんというキャラのこの漫画における存在理由がある訳です。

 その他にも、シリアスになりがちなこの漫画の中で、コミカルな面を古川くんや大垣くんとともに担ってもいますね。

 ドラ焼き!は個人的には役割うんぬんに関わらず、この大和田さんが結構好きです。
 憎まれ口をたたいたりしていますが、野球部員を本当に気にしていて、生徒のために喜多条監督にきつく進言することもあります。とても人が良く、人情味があり、面倒見もいいし、先生としては結構慕われているんじゃないかなぁと感じます
 喜多条監督のいい相談相手にもなっています。加納くんが江崎くんにエースを譲った時も、その才能からか喜多条監督は「そこそこの選手」の気持ちがよくわかりませんでしたが、大和田さんに諭されて理解する場面があります。そういう場面からは大和田さんはとても重要な役割を担っていると非常に感じます。

 また、この「やったろうじゃん!!icon」の面白い部分として、キャラがほぼ全て”成長していくのが分かる”というものがあります。喜多条監督であれば、野球部での生活を通して、監督として、教育者として成長していきますし、加納くんであれば、野球人として、主将として成長していきます。大和田さんも例外ではありません。
 大和田さんは登場当初iconは、自分の高校球児時代のトラウマ(2アウトでそのフライを捕球していれば勝利という場面で、落球してしまい、野球部、クラスメイト、OB等から総スカン。あげくの果てに母親や妹まで非難されることになった過去がある。)から、勝利至上主義の高校野球に嫌悪感を持っていました。
 その勝利の奥にある感動や成長に眼を向けることができませんでした。
 しかし、野球部が甲子園へと出場できるようになる時に、そのことを再確認し、そのトラウマから抜け出して成長したように見えます。
 こういった「成長」が読みとれることもこの漫画の醍醐味の一つですね。





「キタちゃん。あんたのおかげでこいつらは・・(涙)」

 




高校野球の醍醐味を

名門野球部の甲子園伝説icon
iconiconiconiconiconicon

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大和田さん(7/18) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる