漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 土門 剛介(7/8)

<<   作成日時 : 2006/07/08 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日ご紹介するのは、超剛球を持つピッチャーで、もう一人のドカベン「土門 剛介」です!



 ドカベン(高校編)のピッチャーの中で、恐らく最もバランスのいい直球(ストレート)を持っているのがこの土門ではないでしょうか!?

 プロフィールとしては(やはり少ないですが・・・)
 名前    土門 剛介(どもん ごうすけ)
 性別    男
 年齢    山田太郎よりも1つ上
 出身地   多分神奈川県
 所属高校 横浜学院
 ポジション ピッチャー(エース) 右投右打の
        本格右腕投手
 背番号   1 (3年時)
 決め球   超剛球
 通称    ドカベン 鉄人
 家族構成 ?
 くらいですね!

 コミックス18巻iconに初登場しますが、その時は明訓ナインが夏の甲子園を優勝してのパレード中でした。
 初登場時から、何か今後ライバルとして登場しそうな雰囲気でした。
 かなりの良い体(というかゴツい!)してましたしね!

 初期は自らのあまりの剛球に、その球を捕球できるキャッチャーがおらず、大変苦悩していました。ヘタな選手が捕球すると骨折すらしてしまう位の剛球なんですねぇ・・。
 ああ、怖い。どんな球なんでしょう。

 そうしたキャッチャー探しの一環として、微笑三太郎を自らのチームに招きますが、”ドカベン”違いで、あろうことか明訓高校に取られてしまいます。(コミックス18巻icon参照)
 文句一つ言わず引き下がる土門ですが、ゴムまりを握り潰してしまう位激怒でした。
 しょうがないですよね。期待させておいて!
 でも正直、微笑が横浜学院に転校していたら、より手強い相手になっていたかもしれませんね。

 キャッチャー探しののち、土門にとって最高の相方と言えるかもしれない「谷津 吾朗」に出会います。(コミックス21巻icon参照)
 最初こそこの最愛の相方は土門の球を捕球することすらできませんでしたが、その研究熱心さと図太さでドンドンと成長し、土門も全幅の信頼を置くようになります。
 この谷津の力も借りて、土門は明訓をギリギリのところまで追い詰めます。
 明訓を、山田をあと一球という所まで万事休すの場面まで追い込んだコミックス36巻icon参照)のは、土門くらいのものです。

 本当に投手としても、人間的にも素晴らしい選手で、吾朗が惚れ込むのもよく分かります。
 そもそも、彼はダンプカーとの交通事故で満身創痍の状態から自らの力(リハビリ等)でよみがえっています。これも相当の根性を感じますよね!
 
 投手としては、不知火と並んで、最高のピッチャーの双璧ではないでしょうか。
 全国を見渡しても、恐らくそういう結果になりそうです。(犬飼小次郎や中あたりが対抗馬でしょうか。)

 本人曰く、変化球はへっぽこらしいですが、とにかくその重く、速いストレートは並みのバッターではかすることすらできません。

 事実土門3年の夏(山田くん2年の夏)には、県大会で完全試合を連発しております。
 恐るべきピッチャーです。
 谷津が山田のファールを捕球していたら、横浜学院は弁慶高校よりも先に明訓を下せていたはずです。




見つかったんだよ!キャッチャーがさ!




コミックス全48巻ですが、まずここから始めましょ!”ドカベン(でかいベントウ)”確認してみてね!その後コミック全巻にも挑戦してみてください!
 ↓ ↓


犬飼武蔵&犬神との死闘をコミックス(30&31巻)で読むならコレ!
 ↓ ↓


アニメで弁慶高校との死闘を観るなら!!
 ↓ ↓

 
アニメで山田くんや岩鬼の活躍を見るなら!!
 ↓ ↓

iconicon


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土門 剛介(7/8) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる