漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡部 淳(9/26)

<<   作成日時 : 2006/09/26 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 本日紹介するのは、お待たせしました!「アウト・ロー」の主人公にして、その凄まじくキレるその頭脳で下丸子小ファイターズを指揮する頼れる監督兼鼻つまみ者のヤクザ(今破門中☆)、「渡部 淳(アツシ)」です!

画像
 ↑ ↑
このふてぶてしそうなのがアツシです!

プロフィールとしては、
 名前    渡部 淳
 性別    男
 年齢    20代に見えなくもない位(心が)
        若いが、おそらく30代前半
 出身地   多分東京
 趣味    金儲け
 職業    ヤクザ(関東山城会系渡部組組長)
        でも今は破門中なのでフリーター
 資産    10億円以上(ただし今はゼロ) 
 性格    登場当時はとにかく金に汚く、
        金銭至上主義
        金さえあればどんなこともできる
        という性格 金のためなら他人が
        どんな目にあっても気にしない。
        女にも冷たく、時に暴力さえ振るう
        ある意味ヤクザらしい性格だった。
         破門後は、なぜか(アツシ自身
        もよく分かってないが)そういった
        邪悪な性格はなりを潜め、自分の
        意志にあまり関係なく自分に
        関わった人達を救ってあげちゃう
        人のいい性格に。控えめで
        どちらかと言えば優しい性格に。
 特技    記憶力と冷静な分析力を活かし
        物事を予測すること 
        ヤクザ仕込みの脅し
        あと実は凄い野球の才能が
        あるらしい(猫田コーチ談)
 ポジション 監督(でも野球のシロウト…。)    
        右投右打
 家族    ヤクザ時代、神も畏れぬ無茶苦茶
        なことをしてたことから、天涯孤独
        ではないかと推測。
        愛人としては「クラブ花梨」のママ
        「紗英」(31歳)がいる。
         ちなみに今現在の連載では、
        この紗英がアツシの
        少年野球チームのスポンサーに
        なるようである。      
くらいですね!

 「アウト・ロー」のページでアツシについて紹介したとおり、アツシは金至上主義が災いして破門されてしまいます。
そして五十嵐会長の孫である優人くんが所属する下丸子小ファイターズを日本一のチームにすることが破門解除の条件とされたため、野球シロウトのアツシは「野球まったく分からない」、「子供とほとんど接したことがない」、「金欠」の三重苦を背負いながら、頑張ります。

 ヤクザ時代のアツシは、本当に最低のチンピラでした。
 とにかく金至上主義で、何かにつけ”金”でした。
 子分にも高いアガリを要求し(相当きつかったらしく、そのために子分の一人は早期の独立を目指し、禁止されていた麻薬取引に手を染めちゃうのです。)、店を任せている愛人には更に稼ぎを出すように強要し、借金している堅気の人にも完全返済をさせようと脅したり…。
 とにかく周りの子分や愛人等に対する「思いやり」が全くないのです。
 思いやりがないことの自覚すらない状態でした。周りの人達は全て金を生み出すための道具のように考えているフシがありましたね。
 この頃のアツシを見ていると、漫画とは言え正直ムカつきます
 いくらヤクザとはいっても、仁義も恩義も何もなく、単なる最低なチンピラにしか見えません
 お金を稼げるからといって、よく組長になれたな〜というのか率直な感想ですねぇ…。
 
 部下には嫌われ、当然兄貴分にも嫌われていました。
そのため、破門になってからは誰も助けてくれる人はいませんでした。
せっかく貯めた金も、今まで「ヤクザ」という看板で無理に押さえつけてきた銀行や不動産屋等に全てもっていかれ、無一文に…。
 ま、自業自得ですね!
 それどころか、生活をするためにバイトを始めたら、その邪魔・嫌がらせまでされる始末。
 ま、自業自得ですね!(もっともこの嫌がらせは五十嵐会長の破門解除の条件提示があったため、止めさせられることになるのですが。)

 ただ本当にムカつく嫌なヤツだったアツシですが、この頃から変わり始めます
 バイトをするようになり、今までの無茶苦茶な金への執着が少しずつなくなっているように見えました。
 やっぱり色々苦労したことで成長したのだろうと感じますね!
地道な堅気の仕事をせざるをえず、住む所にも困り、しかも昔の部下が嫌がらせに来る…。
鍛錬(肉体的にも精神的にも)になりますよね〜。

 そして破門解除の条件が提示された後は、他の監督候補をその凄まじい頭脳とヤクザ仕込みの脅しのテクニックで除外し、体よく監督へと収まるのでした!

 しかし、それはまた新たな困難の始まりでした。
 シロウトのアツシはノックすらできず、リトルリーグに移る条件として一週間でできるようになることと選手に言われてしまったり、お金がもっとかかってしまったり…。
 こうした困難を一つずつクリアしていくことでアツシはどんどん人間的に成長しているように見えます。
 やはり楽をしていては、人は成長できませんよね!

 また、アツシの成長には周りの人々が大きく絡んでいると感じます。
 ヤクザ時代には人望が全くなく、とりまきすら全くいなかったのに、破門になってからは、なぜかアツシの周りには色々ユニークな人物が集まってきます。
 ソフトボールの選手で、野球にも詳しい森田あかりちゃんや、実は伝説のプロ野球のピッチャーである猫田コーチ(命名アツシ)などですね!

 なぜ人望のなかったアツシに、色々な人が好意を持って集まってくるのでしょう?
 アツシは破門を解くために仕方なくやっているのでしょうが、その事情を知らない周りの人間から見れば、何の得にもならない少年野球の監督を真剣にやっていて、しかも子供達に尊敬までされているアツシを”奇特な素晴らしい人”と見えるのかもしれませんね。
 実際アツシもそうした環境を、ちょっと疑問に思いながら(「なぜ俺はこんなことしてるんだろう」と感じている。)結構楽しんでいるフシもあります。
今までこんなに人に信頼・尊敬されたことは多分なかったからでしょう。
 他の理由としては、ヤクザを破門になってちょっと弱気になっていて、どちらかと言えば情けない感じなのに、その人並み外れた天才的な頭脳と分析力、そしてヤクザ仕込みの脅しと口のうまさでどんな窮地でも突破していくその絶妙なバランスというか、ギャップが魅力となって現れているからかもしれません。(猫田コーチはアツシの天才的な野球の才能に興味を持ったからかもしれないですけどね。)
 
 私はアツシがどう思って行動しているかは置いといて、結果的にチームの子供達や周りの人達の信頼を得て、そして周りの人達の窮地を救っていく様が最高に好きです!
 森田あかりのことを救った時は本当に心からスッキリし、優人くんの野球継続を認めるために優人くんの父親から口裏を合わせてほしいと頼まれた際に、優人の父親の反することをしながら、父親の思惑以上の効果を発揮させる案を(こっそり)実行して親子間の関係を良くした時には「なるほど!さすがやるなぁ」と感心し、ジャガーズとの試合では審判に頭を下げてまで試合継続をお願いして実際継続をして貰った時は「なんて子供想いなのか!」と感激しました
 特に練習試合の継続なんて、アツシがそれ程真剣にお願いする必要なんてない状況だったのに…。
 この辺から、アツシは破門を解くためと言いながら、少なからず子供達を始めとした周りの人達のために行動しているのだろうと感じています。アツシ本人に明確な自覚はないかもしれませんがね。
 今現在の連載での北島くん(下丸子ファイターズのページ参照)への幼児虐待だって、チームの人数が増えた訳だし、無視しててもいいのですが、アツシは解決しようとします。
 この辺からもやっぱり周りの人のために行動していると感じますね!

 今まで信頼や尊敬の念を持たれたことがなかったのに自分を信頼してくれることへの、言わばお礼としての行動なのかもしれませんね。

 これからもアツシはその類い希なる頭脳とヤクザのテクニックで、様々な困難や周りの人の問題を痛快に解決していくでしょう!そしてそれを通してもっともっと成長するのでしょうね。
 その痛快な解決&成長をまだまだ期待していきたいですね☆





どうして俺はこんなことをしてるんだろう…。





アツシの活躍を見るには


→→コミックス1巻←←
→→コミックス2巻←←
→→コミックス3巻←←
→→コミックス4巻←←
→→コミックス5巻←←

画像

→→コミックス6巻←←
→→コミックス7巻←←
→→コミックス8巻←←
→→コミックス9巻←←
→→コミックス10巻←←
→→コミックス11巻←←
→→コミックス12巻←←



アウト・ロー」の記事の一覧へ →→「こちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人に信頼されるまでが大変
信頼されるって 嬉しいけど 責任重大なんだ ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』人に信頼されるまでが大変だからこそ、本当に人の信頼を得られるようになった時、それは大きな喜びに変わります。でも、さらに大変なのはここから。次はその信頼にこたえるために、がんばらないとね。 ...続きを見る
占いseesaa
2007/06/11 08:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡部 淳(9/26) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる