漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の漫画「ガラスの仮面」(その2)

<<   作成日時 : 2006/10/04 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回に続きまして、大河少女漫画「ガラスの仮面」についてご紹介します!

 ちなみに前回の記事は→→こちら



 前回までで、私が考える「ガラスの仮面」の面白さの理由を2つ紹介しました。
本日はあと2つを紹介しますね!

 第3の理由は、主人公・北島 マヤの宿命のライバルである姫川亜弓が、ライバルでありながら、マヤのことを心から理解していることです。
 亜弓さんは、マヤを「紅天女」を巡るライバルと捉えながら、そのマヤの演劇の素質を心底認めております。
 その非常に負けず嫌いの性格から、自分の認めた相手と正々堂々と戦って勝ちたいという非常に清廉な感情を持っている訳です。
 そのため、マヤが周りの人間の卑怯な手段で足を引っ張られていたりすると、
「自分がライバルと認めた人間になんて卑怯な真似をするのだ!」
激怒し、そのマヤに卑怯なことをした人物を憎悪までします。
(テレビドラマで人気が出ていたマヤを卑怯な手で引きずり落とし、芸能会から追放までしてしまい、ぬけぬけとマヤの後釜に座ろうとした乙部のりえを、正々堂々と演劇での勝負で芸能会で再起不能になる程完膚無きまでに叩きのめしたりしています。コワイ!)
 通常「ガラスの仮面」が連載されていた頃であれば、主人公のライバルは大抵イヤな奴であることが大半でした。特に少女漫画ではそのパターンが多いような気がします。(実はいいやつというパターンも多いですけどね。)
 そういった面で、この亜弓さん位ここまで「ライバルを心から認める」という姿勢はとても斬新であり、「ガラスの仮面」の魅力であると感じています。
 
 ところで、亜弓さんのマヤへの感情は、単なるライバル心を超えていると思いませんか?
 その感情はマヤの才能に対する畏怖であり、憎しみであり、羨望であり、愛であると感じます。
 なんとライバルなのに、そのライバルの才能を愛してしまっているんじゃないかと思える位の感情を亜弓さんはマヤに持っていると感じます。
 自らが全身全霊を傾け、努力して立ち向かっていくべき才能を持ってくれているマヤに感謝しているように感じます。
 なんだかんだ言って、亜弓さんはマヤをまるで自分の半身であるかのように愛しているのだと感じるのです。
 なのでそのマヤに危害を加えたり、蔑んだりする人物に刃向かっていくんじゃないかなぁと感じてますね。

 話が逸れましたね〜。
 面白さの理由の第4としては、演劇界幻の名作「紅天女」の存在です。
 この「ガラスの仮面」は全てこの「紅天女」を中心にストーリーが展開します。
 月影千草はこの紅天女を継げる女優を捜して、マヤに出会いました。
 速水真澄はこの紅天女が遠因となり、母親を亡くし、そして自分の感情を押し殺し生きることになりました。
 姫川亜弓はこの紅天女をぜひとも演じてみたいと真剣に演劇に取り組んできました。
 これ以外の人々も、かなり紅天女には強く影響を受けているようです。

 まだ「紅天女」がどういったもので、どういった内容なのかさえ全く不明だった頃から、様々な人物がこの作品に執着し、再演を熱望していたのです。
 そのように物語の主要人物が非常に深く紅天女に関わっているとすることで、我々読者は「紅天女」に対して非常に期待の念を持つ訳です。
 一体どんな話なのだろうか、演劇会幻の名作という位だから相当素晴らしいものだろう、この劇に相当深く関わった人々は熱狂するものなのだろうか、これが再演されることで関係する人物達はどういった反応をし、どういった感情が沸くのだろうか、などなど。
 私たちの想像力をかき立て、期待心を煽るキーワードとなり、更に漫画にのめり込む要因となっていくのですね。

 相当多くの人間が、その「紅天女」という見えない”最高の演劇”に引っ張られていましたが、最近とうとう月影先生が「紅天女」を実際に演じてみせてくれましたので、ほぼどんな内容かは判明しました。(文庫版22、23巻参照)
 しかし、一番のヤマ場は演らすじまいでした。
 一体どうなるのでしょうね〜。大体予想はつくのですが、この部分だけでもとっても想像力が働きますね!
 しかも、試演で亜弓さんとマヤが同じ劇を演る訳で、2人がどういった紅天女を演るのかもとても楽しみですよね!
 やはり紅天女は想像力をかき立ててくれますね〜。

 前述しましたが、この他にも魅力は沢山あります!
でもこれら4つがこの「ガラスの仮面」の面白さの主要因なんじゃないかなぁと感じています。
 
 ま、こういった細かいことを考えなくても、ガラスの仮面は本当に娯楽漫画として、演劇漫画として最高に楽しめる漫画の1つであることは間違いないと思いますよ!
 
 
 さて、「ガラスの仮面」についての3日目、最後ですが、「ガラスの仮面の最終回はどうなる?」をテーマにお話してみたいと思います。乞うご期待!

 ○「ガラスの仮面(その3) 最終回について」の記事は
             →→→ こちら




ガラスの仮面全巻セット!ぜひ読んでみてほしい!
   ↓ ↓






○前回の記事「ガラスの仮面(その1)」へ
              →→→ こちら

○「ガラスの仮面」の記事一覧へ
              →→→ こちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の漫画「ガラスの仮面」(その2) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる