漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 速水 英介(10/27)

<<   作成日時 : 2006/10/27 02:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

 本日紹介するのは、「ガラスの仮面」の中のヒール役であり、速水真澄の義父であり月影先生の天敵、大都芸能のみならず大都グループの会長である「速水英介」氏です!

プロフィールとしては、
 名前    速水 英介(はやみ えいすけ)
 性別    男
 年齢    ほぼ月影先生と同年代かやや上
        に見えることや、戦争経験がある
        ことなどから、恐らく現在は80歳
        程度なはず
 出身地   岡山県
 趣味    演劇鑑賞 事業拡大など
 職業    大都グループ会長
 資産    大都グループの会長として
        かなりの資産を保有 
 性格    冷徹 目的のためには手段を
        選ばない 執念深い
        意外と純粋(紅天女に対して)
 持病    事故で歩行不能な程両足を負傷
 特技    あらゆる事業でしっかりと利益を
        出すことができる
 家族    岡山県の旧家である速水家が
        実家。ただし、妾腹の子だった
        ため、本妻と本妻の子である
        兄、姉、弟には相当虐げられた
        ようである。
        妻 文(あや。真澄の実母)
        息子 真澄(義子である。この義
             父に見いだされたことで
             相当運命を乱される。
             相当可哀想な人。)
 経歴    14歳に郷里の岡山県から家出
        して上京。様々な仕事をした経験。
        この頃出兵もしており、南方戦線
        で熱病にかかり子供を望めなく
        なる。(復員後だと思うが、)
        株で大儲けして運送会社を設立
        し、事業拡大して大都運輸を
        設立。この頃(30代か?)に
        「紅天女」を観て感動し、
        尾崎一蓮率いる月光座に
        協力を持ちかけ、その後芸能
        部門にも力を入れて大都芸能を
        設立。その後、後継者を求めて
        速水真澄(当時藤村真澄)に
        接近。速水家の家政婦である
        真澄の母、文(あや)と結婚
        し、真澄を後継者として鍛え
        今に至る。           
くらいですね!

 とにかく冷徹なまでに目的のためには手段を選ばない人物です。
 若い頃ですと、自分が観て感動した「紅天女」をどうしても手にいれんがため、紅天女の女優である月影千草を引き抜こうとしたり、月光座を潰して上演権を奪い取ろうとまでしました。しかしその結果は「紅天女」を”幻の名作”としてしまいましたが。
 また、藤村真澄の卓越した才能に目をつけ、自分の後継者にすべく動くとともに、父としての愛情を全く注ぐことなく「後継者の育成」のために冷徹に教育を遂行していきました。
 
 いや〜、コワイ人ですね。
 ちょっとキの字が入っている人ですよね〜。
舞台の中の「紅天女」に惚れたとのことですが、その舞台を支配すればその紅天女は自分のものになると考えること自体キの字な気がしますね。
 ま、好意的に解釈すれば、不幸な身の上から人間(特に身内)に不信感を持ちながら生きてきて、(時期から逆算しておそらくですが)自分の子が持てないと判明して気落ちした頃に紅天女を観て、心底演劇に全力を注いでいて神がかってまでいた月影千草(=紅天女)を見たことで、そこに本当の女神を見たのかもしれません。
すなわち、そうした不信感や絶望的な感情を全て癒し、慰めてくれたように感じたのかもしれませんね!

 また真澄さんを誘拐し、英介氏が事業上の利権を得るための政治資金として用意した金を身代金として要求してきた誘拐犯から電話がかかってきた時の対応(自分に子供はいない!と要求を無視!)や自宅が家事になった時に狂ったように紅天女の道具一式を気にかけている様子やその道具(うちかけ)を持ち出すために重傷を負った妻に目もくれない様を見ていると、本当に冷酷であり、紅天女に魅入られてしまって狂ってしまった人物であると感じますね。

 いくら仕事上の成功を得たとしても、子供のころからおそらく辛い目にあってきて、戦争体験もし、あげくに実子を望めなくなり、私生活上は決して幸せとは言えない英介氏にとって「紅天女」とは正に人生における最高の華であり、それを支配することは最高の夢だったのでしょうね。

 とはいえ、そのために他の人を不幸にするのはどうにも頂けないですね!
 この人の欲望のせいで、少なくとも4名の人は不幸になっているのですからね!
(藤村文、藤村真澄、月影千草尾崎一蓮

 ま、ヒール役なので仕方ないと言えばそうなのですが…。
 多分真澄さんに最終的に出し抜かれて紅天女を自分で再演することはできないでしょうから、報いを受けることにはなると思いますけどね!

 優れた実業家であることは確かですが、その辺があるため、どうしても認めたくない私なのでした☆

 


わしのこの手で「紅天女」を再演してみせる。かならず…!




ガラスの仮面全巻セット!ぜひ読んでみてほしい!
 ↓ ↓
ガラスの仮面・全巻セット





○「ガラスの仮面」の記事一覧へ
              →→→ こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログのトラックバックセンター
漫画片手にひとりごと様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔ブロログ〕
2006/10/29 02:12
岡山県【アバハウス・インターナショナル!アバハウス・ドゥヴィネット!アバハウス・スーツ】
岡山県のアバハウス&アバハウス・ドゥヴィネットの店舗案内です。 ...続きを見る
アバハウス・インターナショナル!アバハウ...
2007/05/27 01:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ドラ焼き様!☆はじめまして
すみません今ちょうど
ガラスの仮面が話題に出てて
速水真澄のぱしりしてる男子がいますよね?
あの方の名前が定かでなくて・・・
記憶では「ひじり」なんですけど・・・
もしか書かれているのでご存知じゃないかと・・・コメントしました
書かれる事があれば教えてください
かなた
2006/10/29 16:46
かなたさん、コメントありがとうございます〜。
 その人は「聖 唐人」(ひじり からと)さんですね!
 20年前に破産して一家心中をはかった際に速水英介氏が助けたらしく、生き残った聖さんの父と聖さんは大都の影として働いてきたようですね!真澄さんが気を許す少ない登場人物の一人です☆
真澄さんの紹介時にもう少し触れたいと思いますので、その際にはぜひ見てくださいね!
ドラ焼き!
2006/10/29 23:52
ドラ焼き!様☆
ありがうございました
わざわざ調べていただいたのでは・・・
お手数かけてしまいました
速水真澄の掲載時にはぜひ見させていただきます
ほんとに助かりました!!ありがとう!
かなた
2006/10/30 07:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
速水 英介(10/27) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる