漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫川 亜弓(10/28)

<<   作成日時 : 2006/10/28 03:33   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 本日紹介するのは、有名な映画監督を父に、実力派の女優を母に持つ芸能界のサラブレッドにして、「紅天女」候補として北島マヤの最大かつ永遠のライバルである「姫川 亜弓」さんです!

画像
 ↑ ↑
このいかにも美人な女性が亜弓さんですね!

プロフィールとしては、
 名前    姫川 亜弓(ひめかわ あゆみ)
        (芸名ではなく本名)
 性別    女(超美人!)
 年齢    マヤと同じ歳で、登場時は13歳
 出身地   東京
 趣味    演劇 演劇鑑賞 ピアノ演奏
        音楽鑑賞 など(高尚…。)
 学歴    聖華学園初等部→中等部→
        高等部→大学演劇学科
        (常にトップクラスの成績!)
 職業    女優(5歳から)
 性格    負けず嫌い 気が強い 努力家
        お高い性格だが高慢ではない
        自分に厳しく他人に優しい
        人を偏見の目で見たりしない
        公平な見方をする(ハイソな人
        にしては珍しい性格です。)
 特技    長年の努力で培った演技技術
        (特技ではないが)とにかく華の
        ある目立つ容姿で常に他の人の
        注目の的 
        日舞 バレエ ピアノ演奏 書道
        (日舞以下全てプロ級の腕前と
         のこと)
 家族    父・姫川 貢(有名な映画監督
          であまり亜弓達家族と顔を
          合わすことがないが、家族
          を愛している良き父。監督
          としても一流らしい。)
        母・姫川 歌子(月影千草
          弟子である実力派女優。
          第17回アカデミー芸術祭
          演劇部門主演女優賞受賞者
          である。(ヘレンケラーの
          サリバン先生で受賞)紅天女
          を演じるという夢を娘に託して
          いる。
        あと事実上の家族として、亜弓
        さんの幼い頃から面倒みてきた
        梅乃ばあやさんもいる。
        飼い犬・アレクサンダー(コリー
             ?)
くらいですね!

 「ガラスの仮面」の主人公である北島マヤの宿命のライバルとして登場するのが、この超美少女にして実力派女優である「姫川 亜弓」さんです!

 比較的容姿は冴えないマヤに比べ、とにかく人目を惹く超絶美少女として描かれています。
個人的にはマヤの容姿の方がタイプなんですけどね☆

 主人公のライバルとして、とにかくあらゆる部分で対照的な描かれ方をされています。
 例えば…
容姿 
 亜弓:どこにいても人目を惹く華のある美人
     スタイルも良く正に主役となるべき人。
 マヤ:普段は特に目立たない普通の少女
生い立ち
 亜弓:有名人の子として生まれ、何不自由
     ない暮らしをしてきた。ハイソな方。
     趣味や特技も高尚なものばかり。
 マヤ:幼い頃に父を亡くし、母と子だけで
     生きてきた。ラーメン屋に居候してお
     り、とても貧乏
勉学等
 亜弓:生来の負けず嫌いのため、必至に
     努力し、常に学年トップクラスの成績。
     その他の分野でも常にトップクラスの
     成績を取る。
 マヤ:勉学は常に最下層。演技以外につい
     てはおっちょこちょいの性格が災い
     してか、どれも上手くいかない
友人関係
 亜弓:近寄りがたい雰囲気のためか、
     取り巻きは多いが仲間や友人が全く
     いない。性格もいいのにその点は
     可哀想なひと。
 マヤ:その放っておけない言動のためか、
     なんとも言えない魅力からか、自然
     と周りに仲間や友人、協力者が
     集まってくる。非常に得な性格。

 などです。二人とも演劇のことについてはひたむきで努力を惜しまないという点以外は、全ての面で対照的と言っていいでしょう。
 それは演劇に関することついて(演劇に対する情熱の部分は除く。)もそうです。
 マヤは役そのものになりきろうとするのに対し、亜弓さんは役を通してどう演技を見せようかというスタンスです。
 また、マヤは舞台の上でどうすれば観客のハートを掴めるかを本能的、感覚的に把握している天才ですが、亜弓さんは自分の経験や演技技術から観客のハートを掴もうというアプローチをしており、その技術等を磨くことに懸命になっている努力の人です。
 「ガラスの仮面」の中でも言及されてますけど、全く違うんですね〜。

 いかにも主人公のライバル、としての描かれ方ですよね!
 こうした自分にない部分を持っている相手に対して、お互いに対抗心を燃やしつつも認め合っているのです!正に「ライバル」と書いて「とも」と呼ぶ関係ですね!

 梅の谷で最後に、お互いの相手に対する感情をさらけ出し合ったケンカをしたことで益々その絆は深まったように見えます。
 その際の亜弓さんの「あなたはライバルよ!」と宣言するのが最高です!
 ずっとわだかまりがあって、マヤにある種のコンプレックスを抱いていた亜弓さんがその感情の吐露により、すっきりとした感情で対決のスタートに立てたという満足感から発せられた言葉なのですが、その時の表情が最高にいいのです!
 正々堂々と全力で勝負できる相手、そして環境が整ったことに対する満足感なんでしょう。
 亜弓さんは本当に素晴らしいライバルですね。

 正々堂々と言えば、前にも触れましたが、亜弓さんは主人公のライバルでありますが、主人公を陥れるような卑怯な真似は一切しません
 正に正々堂々とマヤと勝負することを望みます。
 その辺が以前触れたように、この「ガラスの仮面」の魅力の1つであり、亜弓さんの魅力の1つでもありますね!

 マヤの才能を認めるあまり、マヤを卑怯な手で陥れた相手を本気で憎みますし、常に正々堂々とマヤと勝負して勝ちたいと望んでいます。
 その感情は、自分が認めた相手がつまらないことで消えるのは、認めた自分が許せなくなるという凄まじいプライドと、自分の努力して得た実力でもって天才の才能を凌駕してみせるという負けず嫌いの根性から生まれてきていると言えます。
 とにかく誇り高い人なんですね〜。この亜弓さんは!
 誇り高いのですが高慢にはならず、あくまでもマヤをライバルとして認め、ひたすた努力し続ける…。
 その辺が亜弓さんの最大の魅力なんじゃないかと感じますね!

 こうした根性と努力は、幼い頃から有名な両親の子としてちやほやされ、自分の実力がなかなか認められなかったトラウマから来ています。
 有名な両親の子として色眼鏡で見られない実力の世界で成果を出すことで、他人に本当の意味で認められたいという欲求がとても強いんですね!
 そのため、両親(母)ですら演じられなかった「紅天女」を演ずれば誰ももう両親の影響であると中傷する人は誰もいなくなる…。と考えて「紅天女」にあれだけ執着している訳です!
 もうここまで来れば、誰も親の七光りなんて考える人は誰もいないと思うんですけど…。
 亜弓さんは本当に頑固一徹なんですね〜。

 この根性と努力の人、亜弓さんですが、私ドラ焼き!はとても大好きです!
 私は努力する根性あるキャラが大好きなもんでして…。
 このマンガではマヤも才能ある上に努力しますし、亜弓さんも努力の人として心底根性を見せますから、両者とも大好きなんですよね〜。
 でも個人的には亜弓さんの方がちょっと好きですね!
 周りに仲間や友人もいないのに懸命に努力している姿がいいんですよね〜。
(亜弓さんは可哀想なことに、紅天女の相手役である一真ですら赤目慶というベテラン俳優で、同年代の仲間は得られませんでした。マヤは桜小路がいるというのに…。とことん同年代の友人には恵まれない人なんですね…。可哀想に…。)

 できれば紅天女を演じさせてやりたいですけど…。
やっぱ無理かなぁ…。美内先生、なんとかなりませんか〜!?

最後にうんちく。
亜弓さんが今までに演じた演劇と役について!(漫画中で分かるもののみです。)
(ちなみに彼女が演じた役はすべて大絶賛されているとのこと!凄いですね〜。)
・父親の映画に2作出演(5歳〜)
・「赤いマント」のエマ(主役。初舞台)(8歳時)
・映画「ゼロへの逃走」の金持ちの令嬢(11歳)
 (この映画で特別賞を得てスター街道へと)
・「白ばら夫人」の令嬢役(14歳)
・「たけくらべ」の美登利
・「灰の城」の華族の美弥
・「美女と野獣」の野獣の手下の使い魔
・「王子とこじき」の王子とトム(2役)
・「夢宴桜」の月代
・「奇跡の人」のヘレン・ケラー
・「虹の記憶」の聖子(TVドラマ)
・「朱の彼方」のアーニャ(TVドラマ)
・「カーミラの肖像」の吸血鬼カーミラ
・「夜叉姫物語」の夜叉姫
・「ジュリエット」のジュリエット(1人芝居)
 (この芝居でアカデミー芸術大賞受賞)
・「ふたりの王女」のオリゲルド
・「紅天女(試演)」の紅天女






覚えていて。あなたはライバルよ!





ガラスの仮面全巻セット!ぜひ読んでみてほしい!
 ↓ ↓
ガラスの仮面・全巻セット



<好評だった新TVアニメのDVDを見るなら!>
 ↓ ↓






○「ガラスの仮面」の記事一覧へ
              →→→ こちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルイヴィトン バッグ
姫川 亜弓(10/28) 漫画片手にひとりごと/ウェブリブログ ...続きを見る
ルイヴィトン バッグ
2013/07/10 07:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫川 亜弓(10/28) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる