漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜 玉吉(2/28)

<<   作成日時 : 2007/02/28 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 本日紹介するのは、「しあわせのかたち」の作者にして、この漫画の主要登場人物でもある「桜 玉吉」さんです!



 上の画像の人物が「桜 玉吉(さくら たまきち)」先生ですね〜。(ちなみに誕生日は昭和36年3月2日とのこと。)
 「しあわせのかたち」は序盤から中程にかけては、「例の三人組」である「おまえ」、「コイツ」、「べるの」を中心としたゲームパロディ漫画として連載されていましたが、ファミコン通信が週刊化された以降は「桜 玉吉」先生が主人公となった日記漫画となっていきます。
 その時のメインキャラがこのキャラなんですね〜。

 序盤のゲーム漫画だった時も、ちょくちょく登場はしてましたが、(桜先生と担当の田中パンチ氏や金ちゃん等が一緒になってよく出てきていましたね(^^))本格的に主人公として毎回登場するようになったのは、日記漫画になってからです。

 もちろん誇張もあるでしょうが、桜先生の楽しい(ちょっと変!?)性格面が全面に出されており、とても楽しいキャラになっていますね。
 他に出てくるキャラも、当然ですが桜先生の実際の友人や知り合い(サイバー佐藤氏やちょりそのぶ氏など)が多く登場します。

 特徴としては、なぜか常に黄色いお面を被っていることでしょうね。
 お面なんですが、表情はまるで素顔のように激しく表情が変化します。
 たまにお面でなく、動物になったり(ムササビ等)もしますし、お面もかなり変化したりします。
 それどころか、そのときの雰囲気に応じて色々なキャラに変化したりもしますね。
通常時では丸っこいニコニコした可愛らしい感じなんですが、たまにリアルタイプになったり、ラテン系になったりしまして、かなり変則的なキャラであると言えるでしょう。
 基本的には「お面を被っている」ということがこのキャラのお約束ですが、たまにこのお約束さえも破られます。(ムササビむっくんになった時など。)
 さずが作者自身を描いているだけに、自由自在のキャラと言えるでしょうね☆

 もちろん作者本人の趣味や性格が如実に反映されているため、超常現象やマニアックなことにも興味を持ち、まるでゲーム雑誌に掲載されていることを忘れているかのような行動も良くしますね。
 リアルタイムの読者としては、それはそれで雑誌にアクセントがある感じで、いい効果があったような気がします。

 桜先生は今も日記漫画というスタイルの漫画を描いておられるので、今でもこのキャラは他の漫画に登場していることになりますね。

 ある意味桜先生の中で、最も重要なキャラなのかもしれないですね。




あ〜面白かった!




桜先生の面白さを堪能するには!
(全5巻)
  ↓ ↓


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜 玉吉(2/28) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる