漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 石清水 健太郎(5/22)

<<   作成日時 : 2007/05/22 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 本日紹介するのは、「愛と誠」のパロディキャラでありながら、この漫画の非常に重要な脇役となった”ミスター凶器”「石清水 健太郎」です!(画像の中のひ弱そうなキャラが石清水ですね!)



プロフィールとしては、
 名前    石清水 健太郎
 性別    男
 年齢    17歳(登場時)
 階級    中量級?
 出身地   新賀田県(=新潟県?)
        (小林先生の創作の県)
 学歴    天龍学園高校
         (→風俗関係の出版社に就職)
 部活    格闘部(無理矢理入れられた)
 趣味    女性の情報収集 H本集め
        死ねるリスト作り 
 職業    学生
 性格    一見大人しく真面目なようだが、
        実は相当な女好き(ムッツリスケベ系)        
        マイペースで自分の世界を持っている
        陰湿 執念深い
        感情の起伏があまりない
        押しに弱い 
 特技    いつの間にかトレンチコートから
        凶器を取り出し使用できる
        女性の情報収集は興信所並み        
 得意技   女性のために全てを投げ打とうと
        すること?
        スペシャルローリング山嵐
        三角締め          
 チャーム  病弱そうな顔 トレンチコート 
 ポイント
 通称    石清水
 口癖    「君のためなら死ねる!
 家族    不明(他の漫画では兄弟がやたら
        多く書かれていたが、この漫画では
        不明)               
くらいですね!

 ご存じ梶原一騎原作の恋愛漫画「愛と誠」の登場キャラ、石清水のパロディキャラがこの石清水(ややこしいなぁ)です!
 オリジナルの方の有名なセリフ「君のためなら死ねる!」をこっちの石清水も同様に使用します。
 もっともオリジナルの一途な愛と違い、こっちの方はもっぱら可愛い女の子全てにこのセリフを使っちゃってますが。。

 とにっかくこのキャラは「女好き」の一言に尽きますね。
 女好きというか、単なるエロキャラというか…。
 登場当初は志乃ちゃんに例の
「君のためなら死ねる!」を使うのですが、その後可愛い人が出てくると次から次へとその言葉を使っていくんですね〜。なんといい加減な…。何回死ねばいいんでしょ??
 また気持ち悪いことに可愛い女の子に対しては徹底した情報収集を試みるんですね。
 なんか怖いですよね〜。
 正直キモキャラなんですね。
(とは言え、基本的に三四郎たちもHなため、彼らと石清水は十分にマッチしていましたけどもね。)

 しかし、このキャラはなかなか憎めません
 確かにキモキャラなんですが、その淡々としたキャラでこの漫画に欠かせない脇役として活躍するんですね〜。
 特に人数がどうしても必要な柔道の団体戦においては、メンバーとして大活躍します!
この時が石清水のハイライトと言えるかもしれませんね!
石清水の面白さが最大限に発揮されたのもこの柔道編の時と言えるでしょう。

 柔道の時の石清水はなかなか曲者であり、かつギャグ担当としてその実力をいかんなく発揮していましたね!(ま、ラグビーの際も曲者ぶりは発揮してましたけども)
 それなりの実力の相手にはスペシャルローリング山嵐と三角締め(これが使えること自体凄い!!)で対応し、(それで勝っちゃう!)圧倒的に実力差がある相手には「凶器」で対抗するというこのメリハリ!(っていうか、凶器使った時点でチームごと反則負けになりそうな気もしますが…。)
 その辺が石清水のキャラの面白い所なんですよね〜。
 
 なぜか絞め技の内で最も難しいとされる三角締めをマスターしているという曲者ぶりを発揮したかと思えば、勝ち目のない大男にはスコップをたたき付けて失神させたり、ハンマーを懐に忍ばせておいたり…。
 その辺の石清水の行動はホント面白いです!正に名脇役といった感じですね〜。
 今まで散々反則をしていた石清水が、決勝戦では正々堂々と戦って結局負けるのですが、観客が勝った相手よりも正々堂々と勝負して負けた石清水を讃えるシーンが面白かったですね。勝った相手が可哀想…。
こうなることを計算しているみたいでしたし、曲者の面目躍如ですね☆

 柔道編が終わってからは、そんなに三四郎たちと絡むことはなくなりましたが、そのマイペースなキャラはこの漫画において非常に重要なアクセントを残していますね。
(ちなみに卒業後は風俗関係の出版社に勤務しているようで、仕事で飲み屋や風俗店を取材しているようですね。三四郎たちは羨ましがっていましたね。)
 結構人気があったのか、作者が好きなのか、石清水を主人公にした漫画も小林先生は執筆してるんですね〜。それぐらい味のあるキャラと言えるでしょうね!



君のためなら死ねる。




ぜひこの絶妙なシリアス&ギャグ漫画を読んでみてください!
 ↓ ↓


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石清水 健太郎(5/22) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる