漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田 あーみん(3/24)

<<   作成日時 : 2009/03/24 16:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日紹介するのは、「お父さんは心配症」の作者であり、作中にも脇役として登場する”少女漫画界に咲くドクダミの花”こと「岡田 あーみん」です!



 プロフィールとしては、
 名前    岡田 あーみん
 性別    女
 年齢    連載開始時18〜19歳
 生年月日  1965年8月14日
 出身地   沖縄県(大阪府育ち)
 出身校   大阪府立北野高等学校
        →大阪府立大学
 性格    漫画の中では極めて暗い。
 特技    漫画の中では”暗い歌を歌う”
 チャーム  目元が見えない暗い顔
 ポイント   (実際は可愛い顔!
 家族    父(子供の頃カレーを作ってくれた
         ようだ。)
       母(結構あーみんに突っ込みを
         入れる。)
くらいですね!

 変態少女漫画(どんなジャンルじゃ…。)の第一人者であり、「お父さんは心配症」の作者なのがこのあーみん先生ですね!
 本人曰く、キャラが少ないために漫画の中にも登場するとの事です。
 漫画では、ストーリーを展開させる役(狂言回し)や異常に暗いキャラとして他の主要キャラに突っ込まれる役を演じていますね!

 「壁の中から声がする〜」などくら〜い歌を歌ったり、酒浸りになっていて1日5分のみ正気に戻る事になっていたり、散々なキャラになっています。
 なかなか自虐的なキャラと言えるでしょうね〜。

 顔も目元が分からないような位暗いものになっており、少々引く程です。
 性格も大変暗く、さすがのパピィも手を焼く程です。
 しかも作者である事から、逆らうと大変な目に遭うため、さすがの変態キャラの面々もこの作者のご機嫌を取らざるを得ないのです。
 この辺、「ドラゴンボール」の作者である鳥山明先生と似ていますね!
(「ドクタースランプ」の中で鳥山先生が登場して、主要キャラに色々とちょっかいを出したりしますもんね。)

 ちょっと怖いですが、あーみん先生の”ちょっと危ないギャグ”を体現しているキャラとして、私ドラ焼き!はなかなか好きなキャラの1人ですね!

 さて、最後にうんちく!
 岡田あーみん先生は、漫画の中でこそ暗くて少々怖い先生として描かれていますが、実際の先生は非常に美人です!!
 当時の写真を見ると、ショートカットで目が大きい可愛らしい美人なんですね〜。
 この美人がこの「お父さんは心配症」を描いているかと思うと、何とも言えない驚きがこみ上げてきますよ〜。
 今でもネットなら見られると思いますので、興味ある方は見てみてはいかが??




壁の中から声がする〜






<危険なギャグが好き!な方は
ぜひ一度は読むべきです☆
 コミックス全6巻、文庫版全4巻ですよ!>

  ↓ ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡田 あーみん(3/24) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる