漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗原 良幸(8/6)

<<   作成日時 : 2009/08/06 16:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日紹介するキャラは、小林先生に「東京には凄いヤツがいる」と言わしめた凄腕の編集者、「栗原 良幸」氏です!

 これまた工富氏と同様「青春少年マガジン」を読んでいない方は、誰?という感じでしょうかね(笑)

プロフィールとしては、
 名前    栗原 良幸(くりはら よしゆき)
 性別    男
 勤務先   講談社
       (当時は月刊少年マガジン編集長)
 性格    強引 逆らえない変な圧力がある
        マイペース
 特技    不思議な名言を発する
       小林先生を非常に上手く煽る
くらいですね!(プロフィールと言うまでもないな…。)

 小林先生が「1・2の三四郎」で人気を博していた時に現れた凄腕・豪腕の編集者がこの栗原氏ですね!
 
 小林先生が過去に描いた「シロマダラ」を強引に見て、強引に連載させるようにし向け、小林先生が倒れる原因を作った張本人と言えるキャラですね!
(ま、小林先生の漫画での主張なので、ホントは違うのかもしれないですけどね…。)
 
 とにかく小林先生を強引というか、煽って作品を描かせる能力に長けています。
 この辺は上手く乗せてアイデアを出させる工富氏とは好対照と言えるかもしれません。
 なんとも不思議な発言である
この漫画を描くのであれば、音楽で描け
とか
この漫画はまだ描ききっていないな。
とか
○○は面白くなくはない。
を発して、よくわからん内に小林先生を煽って漫画を描かせてしまうのですね〜。
 ホントある意味”上手い”編集者ですよね!
 もっとも、小林先生が乗りやすい性格だからかもしれませんが…。

 その強引さに負けて(?)小林先生は月刊少年マガジン上で「シロマダラ」の連載開始をしますが、ただでさえ遅筆の小林先生はその忙しさにボロボロになってしまい、倒れてしまうのでした☆そして「シロマダラ」は休載…。(今でも休載中なんだそうですよ。)
 ま、仕方ない…のかな??いずれにせよ、栗原氏の強引さが際だってますよね〜。
 ちなみに、先生が倒れた際に休養せよと言ってくれたのが、誰有ろう工富氏なんですよね。その辺も何か栗原氏と上手く比較されているような気がして面白い感じがします。

 ところが、この状況にも懲りずに小林先生にこれまた無理矢理執筆をさせようとするんですね〜〜。なんとも強引な方だな〜と感じますが、これも有能な編集者には必要なのかもしれないですね!
 でも、今回はその強引さが名作「What's Michael?(ホワッツ マイケル?)」を生み出してくれたのでした!
 やはりそういう意味では、有能な編集者と言えますよね〜!

 その強引さは相当小林先生に影響を与えたらしく、その後の小林先生の漫画には栗原氏をモチーフにしたキャラがかなり出てきています。
 私ドラ焼き!は最もそのキャラ、性格が反映されているのは「格闘探偵団」の刑事(あの三四郎に言う事を聞かせる事が出来る!)なような気がします☆
 小林先生と栗原氏との関係に似ているような感じなんですよね〜。

 ぜひこの強引かつ個性的なキャラを見てみてください!
(実際の本人とはかなりイメージ異なるんだろうなぁ〜〜。)



音楽で描け。




この作品は名作です!ぜひご一読ください!
 「1・2の三四郎」及び「1・2の三四郎2」も面白いですよ!

   ↓ ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
栗原 良幸(8/6) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる