漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 田所 慶彦(11/26)

<<   作成日時 : 2009/11/26 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 本日紹介するキャラは、この漫画「ぽっかぽか」の主人公の1人にして田所家の大黒柱、しっかり者の旦那様田所 慶彦」さんです!
(上の画像の男性が慶彦氏ですね☆)


プロフィールとしては、
 名前    田所 慶彦(たどころ よしひこ)
 性別    男
 年齢    恐らく登場時32歳。
       文庫版10巻時で34歳。
 学歴    大卒(中村と同じ大学)
 職業    サラリーマン
       (コピー機の製造や販売を
       行っている会社の営業をしている。)
 好物    お酒(熱燗好き?)
 趣味    特別ないようだが、妻や娘と
       遊ぶ事か?
        友人や同僚との飲み会
 性格    少々短気な所もあるが、
       非常に器が大きい。懐が深い。
        情に厚く優しい。誠実。
        頑固 
 特技    営業酒 営業トーク 営業笑顔
        同僚の中村との掛け合い漫才(?)
 チャーム  眉毛
 ポイント  
 家族    妻(麻美
        娘(あすか
        姉(関口礼子。慶彦の4歳年上。
        非常にしっかり者。)
        父(利彦)
        母(智子)
くらいですね!

 レギュラーメンバーが少ない「ぽっかぽか」の中の数少ないレギュラーキャラの1人であり、麻美と並んで主人公の1人と言えるのがこの慶彦です!

 「ぐうたら」主婦の麻美の夫として、また1人娘のあすかちゃんの父として、奮戦しているサラリーマンです。
 コピー機の販売や製造、メンテナンスまで手がける会社(某ゼロッ○スみたいな会社ですかね?)で営業を担当していますね。
 ちなみに大学からの友人である中村と一緒の部署で働いています。
 大学からの友人である事や同じく子供もいる家庭を持っている事から、非常にこの中村とは仲が良いようです。

 麻美とは(連載開始時で)結婚4年目で、”すずかぜ台”という所に35年ローンで購入した一軒家に家族3人で楽しく暮らしています。
 なんと会社までは特急で50分もかかる(!)らしく、かなり遠い所らしいです。
 特急で50分って…。会社が23区内だとしたら、どの辺なんでしょうね?
 埼玉か23区外の都内??いずれにせよ、かなり遠いですよね。
 毎日早朝(麻美が起きられない程の早朝(笑))に起きて通勤しています。
 偉いですね。でも50分位は普通なのかなぁ?いずれにせよ、頑張っていますね。

 また、部署が営業である事から、かなり営業酒や営業トークが巧みです。
 取引先にも”商売が上手い”と言われる位ですので、かなり営業としては有能なのだと感じられます。
 現に同期の中村よりも先に主任に昇任しています。
 後輩の尻ぬぐい(取引先の社長を怒らせた渡辺の件)を任されたり、問題がある新入社員の教育を任されたりもしますし、かなり人望もあるようです。(諍いを起こした課長と新人との間を取り持つ事すらしています。)
 実際いつも大人で柔らかい物腰であるにもかかわらず、芯も強い性格なので社会人としては信用がありそうですよね!(その点、残念ながら中村氏とは一線を画しています。)
 後輩の女性から本気で惚れられる位、会社では有能な社員と周りからも思われているようです。
 優しいながらも、厳しくかつ理性的に後輩に意見出来る”強さ”もあります。
 色々なエピソードを見る限り、本当に有能な社員という感じです。
 しかも、その行動には何の打算もなく、自然体での行動という感じです。
 ある意味1つのサラリーマンの理想型とまで言えそうです。
 この辺にも、慶彦の人柄の良さが感じられて、私ドラ焼き!も好印象です☆

 慶彦の素晴らしさは会社だけに留まりません。
 家庭においても、その懐の深さ、度量の大きさ、誠実さが溢れた夫&父親として振る舞います。
 決して一般的には賢母・良妻とは言えない(私ドラ焼き!はむしろ賢母・良妻だと思ってますけど)麻美の行動をおおらかに見つめて許容し、娘・あすかにも厳しくも優しい父親として触れあっており、2人から好かれ、信頼されています。
 麻美と同様に相手を思いやり、相手の立場に立った物の考え方が出来る度量を持った人物という感じのキャラなんですね〜。
 なんとも家庭の大黒柱、父&夫として相応しいキャラではありませんか!?
 
 そんな出来過ぎとも言えるキャラでありながら、堅苦しい人物ではなく麻美と冗談を言い合い、あすかとも楽しく遊んであげる事が出来るフランクな人物でもあるんですね〜。
 こう書くとホントに理想的な家庭人とも言えるでしょう!

 麻美もそうでしたが、慶彦も”理想的な会社人&家庭人”キャラの1人であると感じます。
 現実にはちょっといないかもしれないなぁとまで思えるキャラです。
 麻美のページで書きましたが、麻美もそういう感じがありますが、麻美が”一風変わっているけど、素晴らしい妻&母”であるとすれば、慶彦は”本当に正当派の素晴らしい夫&父”という感じでしょうか?
麻美に対しての周りの評価は”ちょっと変わっている(けど家庭円満で優れた主婦)”という感じなのに対して、慶彦に対しては”よく出来た旦那”という感じに見られている(みどりちゃんのお母さんもそう感じていた。)ように感じるためです。)
 いずれにせよ、薄給で生活は厳しい(笑)ものの、こうした思いやりを持った家庭を構築出来る、優れた家庭人なのが慶彦というキャラであると言えると思います。

 以上、慶彦氏を散々褒めて来ましたが、そうした彼にもちょっと難点があります
 それは、真面目すぎるからなのか”頑固である”という点です。
 特にその頑固さが出るのが、なぜかクリスマスに対してなのです。
 クリスマスに浮かれる必要はない!という頑なな信念があり、そのためにせっかくサンタクロースが来る事を楽しみにしているあすかの夢を壊すような発言をしたりします。
 その辺、自分でも思いやり等に欠けている事を認識しているようですが、どうしても自分の信念を曲げられないようでした。
 自分でも分かっているのに変えられないなんて、ホントなんて頑固なんでしょうね!
 びっくりですよね〜。
 ま、最終的には麻美の機転や娘への愛情が勝って、結局は慶彦が折れるんですけどね。
 この頑固さは少々マイナスであると言えるでしょう。

 さて、こうした素晴らしい夫&父親の慶彦ですが、最初からこうした人物であった訳ではありません
 子供が早く出来た時には、ちょっと怖じ気つく時もありましたし、麻美が子育てと家事で疲れて精神的に追い詰められていた時に自分勝手な発言をして麻美を傷つけた時もあります。決していい夫でなかった時もあるんですよね。
 でも、麻美のページでも触れましたが、この2人はお互い意思疎通がしっかりしている事もあり、2人でいつも問題があっても乗り越えていきます
 そして2人ともに成長していくのです。相互に高め合っていると感じます。
 これは慶彦の懐の深さもさる事ながら、麻美いい意味での力の抜け方、マイペースさやバランス感覚が良い方向に作用しているからだと私ドラ焼き!は感じています。
 ホントお似合いの2人ですよね!

 麻美とはお見合いで出会ったのですが、暑いのに厚化粧でやってきた彼女を快く思わず、思わず水飲み場の水で顔を洗ったらどうかと毒づいています。
 なかなか意地悪な感じですよね〜。
 でもそれにあっさり応じた麻美に惹かれる慶彦はなんかいい感じです☆

 その後ネコの件(ぜひ原作を見てみてください!)を経て、酉の市でプロポーズ、という流れで結婚するんですね〜〜。
 ホント2人らしい馴れ初めという感じです!

 家族に対してだけでなく、同僚、後輩、友人に対しても誠実かつ真面目(でしかもユーモアたっぷりに)に接する慶彦は私ドラ焼き!にとってもかなり魅力的で、憧れるに足る存在に見えます。
 私もこういう家庭人になれればいいなぁ〜といつもこの「ぽっかぽか」を読む度思うのでした☆





麻美、一緒に飲もう!





<ホント心温まる素晴らしい漫画ですよ!ぜひご一読あれ!>
(現在文庫版10巻コミックス17巻です☆)
  ↓ ↓



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田所 慶彦(11/26) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる