漫画片手にひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 風祭 進之介(6/11)

<<   作成日時 : 2017/06/11 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


本日紹介するキャラクターは、柔の恋のお相手として、そして松田さんの恋のライバルとして登場するさやかさんの恋人(あ〜、ややこしい!)風祭 進之介です☆

プロフィールとしては、
名前    風祭 進之介(かざまつり しんのすけ)
性別    男
年齢    柔達の4歳上(登場時21歳?)
身長    180cm位?
体重    不明
階級    不明
出身地   日本
趣味    女をくどくこと
職業    大学生→本阿弥トラベル社長
性格    極度のあがり症
       女好き 金と権力に弱い
得意技   ナンパ
特技    ナンパ 柔道(日本代表レベル)
チャーム さらさらな髪 
ポイント  
好物    ドライマティーニ(笑)
受賞経験 あがり症のためなし
家族    老舗の酒蔵「風祭酒造」の1人息子
       →さやかと結婚して本阿弥家に
         婿入り
くらいですね!

 大変オシャレで格好いい大学生でありながら、柔道がメチャ強いという、いかにも漫画ちっくなアンビバレンツなキャラと言えるでしょう。
 柔道が強いのに、細身でオシャレで格好いい男性なんていないですよね〜〜(多分…)。
 ちなみにイギリスへの留学経験もあり、語学も堪能。海外での知り合いも多そうです。(フランスのセーヌ大学柔道部のポルナレフ監督とも知り合いです。)

 その格好よさに、最初は柔も、そして柔をライバル視するさやかお嬢様もべた惚れしてしまうんですね〜〜。
 女子高校生が憧れるのはよく分かる気がしますが、さやかお嬢様が最後の最後まで彼を好きでいるのは正直なぜか全く分かりません。
 後述していきますが、それほどいい男とは思えないんですよね〜。

 前述した通り、格好いい風貌・キャラでありながら、柔道が強い(日本代表クラス)のですが、なんと極度のあがり症で、人前(観客)では全く本来の実力を発揮できないため、無名の柔道家として柔道人生を送ってきました。そんな彼をさやかお嬢様は対柔のためのコーチとして雇ったのでした。
 そんな彼を良くさやかお嬢様は見つけたな〜と思いますね。だって無名だったのに…。
 
 ちなみに、彼も他の柔道家の例に漏れず、猪熊滋悟郎のファンで、滋悟郎の著書「柔の道は一日にしてならずぢゃ」を所有しております☆
 その点は好感を持てるかな…。

 さて、最初から中盤(柔が短大生の頃まで)では柔から憧れられていたこともあり、さやかとの恋愛面での争いの対象として、よく登場していましたね。
 確かに格好いいし、センスもいいし、柔道も強いし、女性には優しいし、柔が憧れるのもよく分かりますが…。
 しかし、彼にはとにかくそれをもってあり余る「ダメな部分」があります。あがり症ではないですよ…。
 
 それはとにかく女癖が悪いことです!

 その格好良さのせいと言えばせいでしょうが、とにかく女性にモテるため、女癖が悪く、様々な女性と一夜をともにするなどの軽い付き合いを繰り広げております。
 ナンパです。スケコマシです。
 これは大変なマイナスですよね〜〜。軽薄極まりないです。
画像

(↑こんな感じ!!)
 
 また、とにかく優柔不断な面もマイナスです!
 おそらく初期の段階から、柔が本命で、さやかさんには恋愛感情をほとんど持ってなかったにも関わらず、さやかさんの持つ財力・名誉に目が眩み、どっちつかずのままで最後の最後まで行ってしまいます。
 そして、とっくに風祭への熱は冷めてしまった柔に(独り相撲で)プロポーズし、バルセロナの郊外で待ち合わせをするものの、柔からは完全無視(ていうか完全に忘れられていました…)され、完全撃沈。ホント、独りよがりでした…。
 その結果、自分の意思ではないものの、さやかさんと関係を持ってしまい、逃げられない羽目に。何とも情けないキャラへと転落してしまいました。
 初期はそれでもまだまだ可愛げがあったんですけどね〜。

 さらに、柔の気持ちが松田さんに行った後の「松田さんサゲ」がひどい!
 さすがに恋愛百戦錬磨の風祭らしく、柔が松田さんに好意を持っていると気付くのは人一倍早かったのですが、その後に柔の恋敵である女カメラマン・加賀邦子と組んで、柔と松田さんの関係を裂こうと色々と画策するその姿が大変醜い!!
 この辺もホント、風祭の株を下げてますよね〜〜。
 ああ、嫌なキャラ。

 個人的にめぞん一刻」の三鷹さんと風祭はちょっとカブるな〜と感じています。
 それぞれ、ヒロインを巡るライバルの立ち位置であること、容姿がよく、スポーツができ、金持ちで女性にモテる、という特徴がとても似ています。
 アニメ時の声優がどちらも神谷明で同じ!!というのも、キャラが似ているからと言えると思います。
 しかし、被ってはいますが、彼らは決定的に違っている、ともドラ焼き!は思っています。決定的に違うのは、やはり恋愛の勝負の決着後です!
 三鷹さんは恋のレース(笑)脱落後も、ライバルだった五代くんを(喧嘩はするものの)基本的には応援し、温かく見守っています。
 大人の男という印象で、大変格好いいです☆
 一方、風祭は最後の最後まで松田さんに嫉妬しており、柔の国民栄誉賞授賞式の際の松田さんへの発言も最低です。
 この辺は浦沢先生と高橋先生のキャラに対する愛の差とも言えますが、かなりの差です!風祭の情けなさが強調されてますねぇ〜。

 ドラ焼き!は松田さんが大変好きなので、とりわけ風祭の風見鶏っぷりが鼻につきます!てな訳で、あまり好きではないキャラですが、松田さんの引き立て役と考えれば、いいキャラなのかもしれないですね〜〜☆





やっちゃったんだ〜〜〜!!





<女子柔道漫画の金字塔!
 ぜひご一読あれ☆>




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風祭 進之介(6/11) 漫画片手にひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる